鎧飾り 相場

お店に行く前に知っておきたい鎧飾りの価格相場

近年の五月人形の売れ筋は、コンパクトな商品。

 

そんなわけで、飾りやすくて収納場所にも困らない、小振りな兜飾りが人気を集めています。

 

でも、男性はどちらかというと鎧を好む方が多く、本音を言えばカッコいい鎧飾りを我が子に買ってあげたいと思っているパパさんも少なくないはず。

 

鎧飾りは大型で値段も高額というイメージがあるため、仕方なく兜飾りを選ぼうとしている方がいるかもしれませんが、近年はコンパクトな鎧飾りも登場し、購入方法によっては値段を抑えることが可能です。

 

そこで、鎧飾りのサイズやタイプ別に価格相場を調べてみましたので、初節句に飾る五月人形の下調べをしている方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

ケース飾りの相場

 

鎧飾りといえばサイズも大きくて飾る場所や収納場所に困るというイメージがありますが、最近は比較的小さなタイプも多数販売されています。

 

そのうちのひとつがケース入りの鎧飾りです。

 


画像の商品:真田幸村 鎧ケース飾り 宝童監修 真田幸村鎧 正絹縅 4号
販売元:人形屋ホンポ

 

 

節句人形専門店でケース飾りの値段をチェックしたところ、10万円前後で販売されている商品がほとんどでした(10万円超の商品が若干多め)。

 

といっても、この価格はあくまでも値札に表示されているものなので、実際には値引き交渉により7万円前後で購入できると思います。

 

なお、正絹(シルク)や金箔などの高級素材を贅沢に使用し、品質・仕立てに凝ったケース入り鎧飾りになると、表示価格が15万円〜20万円で、値引き後の実売価格は10万円〜15万円といった感じです。

 

ケース入り鎧飾りの商品一覧はこちら<楽天市場>

 

 

収納飾りの相場

 

子供と一緒に飾り付けを楽しめる「コンパクトサイズの鎧飾り」をお探しなら収納タイプがお勧めです。

 


画像の商品:鎧収納飾り 一龍作 胴丸王者鎧 正絹糸縅 細密小札 矧合わせ鉢 1/5
販売元:人形屋ホンポ

 

 

収納飾りの箱はそれ自体が立派な飾り台になっているので、小さいサイズながらとても豪華。

 

そのうえ鎧をはじめとし、脇に飾る弓太刀や折りたたみ式の屏風など、飾り物一式が収納箱に全て収まるので片付け時の手間もかかりません。

 

ちなみに、店頭で販売されている収納タイプの鎧飾りは、10万円〜15万円の商品が中心でしたが、値引き交渉により7万円〜10万円程度で購入できる商品が多いと思います。

 

なお、収納飾りの中には、かなり高級な鎧がセットされている商品もあります。有名甲冑師の作品や高級素材がふんだんに使用されている鎧をセットした商品になると、価格は一気に跳ね上がります(15万円を超える商品はこのタイプです)。

 

収納型鎧飾りの商品一覧はこちら<楽天市場>

 

 

平台飾りの相場

 

次に鎧飾りの定番ともいえる平台飾りですが、このタイプは大きさによって価格帯が大きく異なります。

 


画像の商品:鎧平飾り 二曲飾り 忠保作 金閣鎧 金小札赤糸縅 星植え込み鉢 10号
販売元:人形屋ホンポ

 

 

まずは、人形店の販売員さんが売れ筋だと言っていた7号サイズですが、こちらの相場は20万円〜25万円(値引きにより実売価格は15万円〜20万円くらい)。

 

7号サイズと同様、売れ筋の10号サイズの相場は25万円〜30万円(値引きにより20万円前後で購入可能)です。

 

また、ひと回り大きな12号サイズの最も多い価格帯は30万円〜35万円ですが、こちらも値引きにより25万円程度の予算があれば、十分豪華な平台飾りが購入できると思います。

 

ところで、最近はとてもコンパクトに飾れる5号サイズの平台飾りが多数登場しています。

 

5号サイズの平台鎧飾りは、兜飾りと同じ大きさの飾り台・屏風にセットされているので、「鎧飾りは大型だから・・・」と諦めていた方たちに好評を得ています。

 

しかも値段も比較的手頃で、店頭で販売されている作品の値段は、10万円〜15万円(表示価格)くらいが相場という感じです。

 

こちらも値引き交渉によりもう少し値段は低くなると思いますので、実際には7万円〜10万円前後で購入できます。

 

平台鎧飾りの商品一覧はこちら<楽天市場>

 

なお、平台飾りは、セットになっている屏風、飾り台、弓太刀の組み合わせによって若干値段が変わってきます。

 

一般的に、セットで組まれている商品は、そのまま購入しなければならないお店が多いのですが、中には屏風や弓太刀を変更してくれるお店もあります(飾り台や屏風はそのままで、主役の鎧だけを変更したいという場合も対応してくれます)。

 

ですから、どうしても予算オーバーとなってしまう場合には、セット内容の変更に対応してくれるお店を選び、上手く予算内に収まるよう調整してもらってはいかがでしょうか。

 

※平台飾りは、その名前のとおり平たい台に飾るタイプのことですが、少し高さのある台が欲しいという方には高床台というタイプがあります。
高床タイプの鎧飾り 商品一覧はこちら<楽天市場>

 

 

とにかく予算を抑えたいという方に

 

ちょっと大きめの鎧飾りが欲しいけど予算が足りない・・・。
でも値段を抑えるためにサイズを小さくしたくない・・・。

 

という方は、鎧単品での購入を考えてみてはいかがでしょうか。

 


画像の商品:鎧飾り 鎧単品 忠保作 南蛮甲冑 越後之虎 7号
販売元:人形屋ホンポ

 

 

飾り台や屏風、弓太刀などの飾り物を一切省くことになるので、値段は大幅に抑えられます。
(値段だけではなく、飾る場所も収納場所も省スペースで抑えられます)
鎧単体 商品一覧はこちら<楽天市場>

 

周りの飾り物がないと、淋しくなるのでは?と思うかもしれませんが、鎧はそれ自体に相当な存在感があるので、物足りないという感じはしないと思います。

 

鎧単体での飾りを淋しく感じるかどうかは人によって異なると思いますが、例えば博物館に展示されている鎧は、周りに装飾品の類は添えられていません。

 

また、先祖代々受け継がれてきた鎧を飾っているお宅の紹介を、テレビや雑誌等で見かけますが、こちらも周りの装飾品はなく鎧が単体で飾られています。

 

博物館の鎧も先祖代々の鎧も単体で飾られていますが、屏風や弓太刀が無いからといって、淋しい感じではないですよね。

 

鎧はそれ自体が強烈な存在感を放っているので、鎧単体で飾っても十分な迫力が伝わってくるはずです(サイズの小さな作品でも、部屋の中で抜群の存在感を発揮します)。

 

なお、洋室に似合う鎧飾りが欲しいけど、なかなか望み通りの作品が見つからない、という方にもインテリア感覚で飾れる鎧単体飾りはおすすめです。

 

※もしも後々、飾り台や屏風、弓太刀が欲しくなったときは、単品での購入もできますので、飾り物を毎年一つずつ買い足していくということも可能です。

スポンサーリンク